童貞は嫌だったので風俗へ

初めての目隠しで目覚めたかもしれない

初めて目隠しというものを風俗で楽しんできました。自分が目隠しをされる側で、視界を奪われた状態でとことん風俗嬢に攻めてもらいましたけど、これが想像以上のものでした。目隠しされているだけ…ではないんですよね。視界を奪われることによって、他の感覚が研ぎ澄まされるんじゃないですかね。人間には五感?六感?があるじゃないですか。だから一つ消えることによって、他がより高まるんじゃないですかね。昔そんな漫画があったような気がするんですけど、目隠しをすることによって、感覚がかなり敏感になったんじゃないのかなって思います。だから普通に何かをされているだけだと思うんですけど、こっちはかなりゾクゾクしました。それに、何もしてくれない間ですよ。目隠しされていなければ「何かしてくれ」と思うだけでしょうけど、目隠しされているとその間がとてつもなく大きな興奮を生み出してくれるんですよ。だから初めての目隠しは想像以上の興奮となりました。名古屋デリヘルのおすすめポータルサイト

気付けばマニアっぽい視点が出ていた

これは風俗が好きだからこそだと思うんですけど、気付いたら自分自身、かなりマニアックな視点を持つようになっていました(笑)風俗に対して昔は遊べればそれだけで十分だろうって思っていたんですけど、最近ではそうでもないんですよね。というのも、こだわりを持つようになったんです。風俗で楽しむためには何が良いのかや、自分はどういった気持ちでいるべきなのか。デリヘルだったら場所はどこだと女の子のモチベーションが高くなって、さらにはコミュニケーションそのものまで楽しめるのか。こういったことまで考えるようになりました(笑)もはや楽しければ良いと持っていた自分はいません。今ではどのようにして楽しむのかや、選択肢に対してどのような楽しさが待っているのかなど、細かいことまで考えるようになりましたけどそれが楽しいからこそ、風俗は素晴らしいなって思えるようになって来たと言うのはありますよね(笑)だから風俗って自分の想像以上に楽しいなって。