童貞は嫌だったので風俗へ

久しぶりだったのでつい…

久しぶりのソープは、そもそも女の子とのプレイそのものが久しぶりでした。ほかの風俗でさえ全然行ってなかったんです。ソープも風俗ではありますけど、そんな理屈なんて吹っ飛ぶくらい本当に久しぶり過ぎて自分でも驚くくらいでしたね。だからか、かなり呆気なく発射してしまったんです。正直、焦りました(苦笑)まさかこんなに早いフィニッシュになるとはこっちとしても思っていませんでした。でも相手をしてくれたEさんは優しく慰めてくれたんですけど、久しぶりの女体だったのもあって、こちらの興奮もそれはそれは凄いことになったんですよね。だからこそ、自分でも本当に驚かされましたけど、でも久しぶりだからなのか、復活も早かったんですよ(笑)いつもは二回戦なんて滅多にしないものでした。でも、その日は二回戦目を頑張ろうとかではなくて、気付いたら二回戦目に突入していて、気付いたら発射している自分がいました。その展開にもまた、驚きましたね。

なぜ風俗なのかといえば…

なぜ風俗なのか。その答えは人それぞれと言うか、人によって答えが違うものだと思うんですけど、自分の場合は普段では手に入らないものが手に入るからこそです。風俗嬢って最近レベルが高くなっているじゃないですか。正直、そこら辺の女優だモデルだアイドルだと呼ばれている存在よりも魅力的だなって思う女の子の存在さえ珍しくないくらいですよね。でも、そんな存在とプライベートで遊ぼうって思っても自分如きのステータスでは難しいであろうことも良く分かっているんです。でも風俗であればその願いを思う存分かなえることが出来るだけじゃなく、風俗であればそんな女の子たちが自分のために頑張ってくれたり奉仕してくれたり。そこも大きいですよね。普段であれば相手にされないような自分に対して物凄く親身になってくれるというだけでも男としてのプライドまで満たされるんじゃないのかなって。それこそ風俗の大きな魅力なんじゃないのかなっていつも思います(笑)