童貞は嫌だったので風俗へ

確かに、運動になりますね

ソープの良い所は、それなりに運動になるところです(笑)日頃運動不足気味の自分にとって、たまに行くソープでの時間は何よりも貴重なんですよ。快感だけじゃなく、程よい全身運動にもなるんです。ソープに行くと汗が滴り落ちてくることも珍しくないんです。初めは風俗で汗をかくなんてとか、その汗が女の子のお腹辺りに落ちてしまうと申し訳ないって思ったんです。いくら風俗でも、そこは気を付けないとなって思っていたんですけど、どのソープ嬢も「皆そうだよ」みたいに慰めてくれるんですよね。それならってことで、ガンガン汗をかこうと(笑)日頃の運動不足解消はソープ。そんな人間は少数派かもしれないんですけど、でも全身運動にぴったりなんですよね。事実、ソープに行った次の日は思わぬ部分が筋肉痛だったりするんですよ。いつだったかは、なぜか背中が筋肉痛になっていました。知らない間に、背中にまで気持ちを込めていたんだなって思いましたね(笑)

風俗でも、かなりいい感じです

元々水商売は好きでしたけど、女の子と話すだけでは満足出来なくなってきてしまったんです。ただ、水商売の女の子を落とすとなればそれなりにステータスや魅力も大切になってくるじゃないですか。はっきり言って、それは不可能に近いであろうことは自分でも分かっているので、じゃあどうするのが良いのか。その答えは水商売ではなくて風俗に行くことだなと(笑)風俗であればそれなりにいろんな女の子と楽しめるし、自分のステータスや努力が不要なので、むしろそっちの方が良いんじゃないかなって思うようになりました(笑)確かにプロセスも嫌いではないんですよ。どうやって相手との距離を縮めようかと考えるのはそれはそれで面白いんです。ただ、どう考えても自分に落とされるような女の子はいないだろうなとも思うんですよね。だって客観的に魅力だと思うような部分もありませんしね。だから風俗で遊んだ方が手っ取り早くて良いんじゃないのかなって思うんですよ(笑)